アニメ

クレヨンしんちゃんラクガキングダムの感想と口コミ!【ネタバレあり】

2020/09/11から劇場公開されている、クレヨンしんちゃん28作目であり、生誕30周年記念作品でもある作品「クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」

・今作のラクガキングダムは世間から見てどういった評価を受けているのか?
・作品内容は?

など、気になる部分も多いですね。

そこで、クレヨンしんちゃんラクガキングダムの感想と口コミについて調べてみました。

ネタバレを含む記事になりますので、ネタバレが嫌な人はブラウザバックをお願いします。

クレヨンしんちゃんラクガキングダムの概要

あらすじ・ストーリー

地上の人々の落書きをエネルギーとして空に浮かぶ「ラクガキングダム」は、落書きをする人達の減少に伴うエネルギー不足により存亡の危機に立たされていた。王国軍は無理矢理落書きをさせるために「ウキウキカキカキ大作戦」を遂行すべく地上に降り立ち、春日部への侵攻を開始した。

これを阻止すべく、ラクガキングダムの姫は描いたものを実体化させる力を持つ王国の秘宝「ミラクルクレヨン」を地上の勇者に託すことにしたが、それを入手したのは野原しんのすけであった。

しんのすけと彼の落書きで実体化したぶりぶりざえもん、ニセななこ、ブリーフの4人は勇者として春日部を奪還すべく動き出したのだが…。

(引用元:Wikipedia)

今作のラクガキングダムですが、劇場映画3作目の「雲黒斎の野望」以来となる、原作者・臼井儀人さんの原作漫画を原案とした作品であり、単行本23巻に収録されている外伝『ミラクル・マーカーしんのすけ』を元にしている作品だそうです。

登場人物は総勢50人以上でクレヨンしんちゃんシリーズ史上最多となる作品でもあります。

また、劇場映画7作目『爆発!温泉わくわく大決戦』以来、ぶりぶりざえもんが台詞付きで登場。

しんのすけの彼女、大原ななこが劇場映画23作目『オラの引っ越し物語 サボテン大襲撃』以来にの登場で、本人ではないが、しんのすけがミラクルクレヨンで描いて命が宿った「ニセななこ」がメインヒロインになるストーリーとなっています。

個人的には、「原作者が関わった映画作品は面白くなる」と思っています。

別映画になってしまいますが、例えばONE PIECEの映画作品。

原作者である尾田栄一郎さんが関わった作品、「ONE PIECE STAMPEDE」や「ONE PIECE FILM GOLD」

これまでONE PIECEの映画作品というとやや物足りなさもありましたが、尾田栄一郎さんが加わってからは物凄く見応えのある作品に変わった気がします。

クレヨンしんちゃんシリーズの映画作品だと、「アッパレ!戦国大合戦」や「オトナ帝国の逆襲」辺りが好きですが、原作者が関わった作品となると否が応でも期待値は高まります。

クレヨンしんちゃんシリーズの名作に(個人的に)ランクインする可能性も高そうです。

キャスト・主題歌

野原しんのすけ:小林由美子
野原みさえ:ならはしみき
野原ひろし:森川智之
野原ひまわり:こおろぎさとみ
シロ、風間トオル:真柴摩利
桜田ネネ:林玉緒
佐藤マサオ:一龍斎貞友
ボーちゃん:佐藤智恵
ぶりぶりざえもん:神谷浩史
ブリーフ:冨永みーな
ユウマ:黒沢ともよ
園長先生:森田順平
よしなが先生:七緒はるひ
まつざか先生:富沢美智恵
上尾先生:三石琴乃
風間くんのママ:玉川砂記子
隣のおばさん:鈴木れい子
大原ななこ、ニセななこ:伊藤静
神田鳥忍:大塚みずえ
ふかづめ竜子:伊倉一恵
魚の目お銀:星野千寿子
ふきでものマリー:むたあきこ
チーター:大塚智子
団羅座也:茶風林
鬼瓦築造:辻親八
ラクガキング:中田譲治
宮廷画家:平田広明
鬼軍曹:玄田哲章
魔法使い:三ツ矢雄二
食料大臣(兄):飛田展男
石器時代人:井上喜久子
エナジー大臣:小杉十郎太
ローラー兵士:諏訪部順一
ユウマの母:能登麻美子
姫:きゃりーぱみゅぱみゅ(ラクガキ応援大使)
リンゴ、イチゴ、メロン:りんごちゃん
食料大臣(弟):池田貴史
防衛大臣:山田裕貴

オープニングテーマ「マスカット」
作詞・作曲 – 北川悠仁 / 編曲 – TeddyLoid / 歌 – ゆず
エンディングテーマ「ギガアイシテル」
作詞・作曲 – 池田貴史 / 編曲 – 池田貴史、山口寛雄 / 歌 – レキシ

引用元:Wikipedia

エンディングテーマを務めるレキシは、クレヨンしんちゃんシリーズ初めての主題歌となります。

オープニングテーマの「マスカット」はアニメで使用されている楽曲ですね。

また、今作のゲスト声優はきゃりーぱみゅぱみゅさんですが、声優の演技はかなり好評のようです。

「きゃりーぱみゅぱみゅが演じていたことを忘れていた」、というのはかなり褒め言葉だと思います。

芸能人の方が声優を務める時、どうしても違和感がある場合がありますが、「忘れていた」となると違和感を感じずに見られたことになるので、きゃりーぱみゅぱみゅさんの声優としての演技力もかなり高いのではないのでしょうか。

クレヨンしんちゃんラクガキングダムの感想と口コミ

クレヨンしんちゃんラクガキングダムの感想や口コミをTwitterを中心にまとめてみたので、「クレヨンしんちゃんラクガキングダム」の視聴前に是非参考にしてみてください。

声優さんの演技力はかなり好評のようで、ゲスト声優のきゃりーぱみゅぱみゅさんや山田裕貴さんの演技力もかなり高いようです。

また、肝心の作品内容ですが、

クレヨンしんちゃん映画シリーズ好例の「泣ける」要素もしっかり詰め込まれているようです。

特にヒロインのニセナナコはかなり人気です。

一方で、「微妙だった」という意見も少しあるようです。

やや、大人向けに作られた作品で、子供には少し難しい内容でしょうか。

ラクガキングダムのポイントをまとめますと、

・声優の演技力が高い
・クレヨンしんちゃん映画シリーズ好例の「泣ける」要素あり
・大人向けに作られた作品で、子供には内容が若干難しい?

まとめ

今回は、クレヨンしんちゃんラクガキングダムの感想と口コミ!について調べてみました。

クレヨンしんちゃんの映画シリーズは見出すと止まらない中毒性があると個人的に思っています。

今作のラクガキングダムも「泣ける」要素もたっぷり詰め込まれていて、大人の方も楽しめる作品となっています。

クレヨンしんちゃんラクガキングダムを見る前に少しでも参考になれば幸いです。

また、クレヨンしんちゃん映画シリーズの過去作を視聴したい方は、クレヨンしんちゃん映画シリーズを無料で視聴する方法をまとめてあるので、気になる方はこちらの方もご確認ください。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました。